建築と不動産のサイト

お気に入りの家を見付けるために

色々な理由から、今住んでいる家を出て新しい家を買いたい、または借りたい。そう思っている人は建築業者へ新居を建ててもらうか、不動産業者へ賃貸物件を探しに行くか迷っていませんか?

建築業者、不動産業者へ行く前に、まずはどんな条件で家に暮らしたいかよく考えて見ましょう。

まず一番初めに気になるのは、住むことになる家の場所、土地に関してです。家族がいる場合、または小さな子供がいる場合には土地的に安全な場所や教育機関に近い場所を考えると思います。
一方で一人暮らしの場合には仕事場や学校から近い場所、または遊びに行くのに便利な都心部へ住みたいと思うでしょう。

家の広さでは家族がいる場合には土地の大きさ、または建設業者との相談になりますが、階層を増やしたり、部屋数を少なくして大きな居間を作ったりと家族の意見を取り入れた家を建てることが出来ます。

賃貸の場合には不動産業者が持つ賃貸マンション、アパートの間取りをみて部屋の広さや設備の有無を注意する、また希望をいうことが出来るでしょう。特に賃貸の場合には最近人気が出てきたシェアハウスやUR物件など、借り方や賃料の安さなどを希望できるのもの魅力の一つです。

どちらの家が正解というわけではありません、ただそこに暮らす人間が一番住みやすいと感じる家にすることが一番望まれるのです。